16分に出ます

東京の方が、天気がいいようですね。

狭い場所ですが…

みんなしっかり待っています。

雨でした・・・

CIMG0002_R_2017033121091999d.jpg

今年度最後の日は雨でした。
明日は曇りのち晴れの予報となっており、
この土日は春らしくなりそうです。

春の交通安全県民運動

29k04o_20170331212212695.jpg
29k04u_20170331212211329.jpg

4月6 日から15日までの10 日間、春の交通安全県民運動が実施されます。
愛知県では、県民一人ひとりの交通安全意識を高めるとともに、安全運転や安全行動の実践を通じて交通事故の防止を図るために、春の交通安全県民運動を県民総ぐるみで展開します。
高中生の皆さん、絶対に交通事故にあったり起こしたりしてはなりません。安全第一ですよ!

ロボカップ

CIMG0026_20170330111914d3f.jpg

ロボカップジュニアジャパンオープン2017ぎふ・中津川 サッカーワールドリーグライトウェイトで優勝しました。
あっぱれだ!!

名古屋でソメイヨシノ開花

名古屋でソメイヨシノが開花しました。平年より2日遅いそうです。明日以降、極端な冷え込みはなく、続々とサクラの便りが届きそうです。高中のサクラの様子もお届けする予定です。

「聖徳太子」復活を検討

文部科学省が2月に公表した中学校社会の次期学習指導要領案で「聖徳太子」を「厩戸王(うまやどのおう)」などとした表記について、今月末に告示予定の最終版で「聖徳太子」に修正するよう検討していることがわかりました。「鎖国」を「幕府の対外政策」と変えた表記なども、元に戻す方向で検討しているそうです。
最近の歴史研究などを反映させた変更でしたが、一般からの意見公募で、「表記が変わると教えづらい」といった声が教員などから多く寄せられました。
文科省は新指導要領案公表時、小学校では伝記を読む機会が多いことや、聖徳太子は死後につけられた称号であることなどから、小学校社会は「聖徳太子(厩戸王)」、中学校は「厩戸王(聖徳太子)」として教えると説明していました。現行の指導要領は小中学校とも「聖徳太子」と表記しています。
新指導要領は小学校が2020年度、中学校が21年度に導入されます。
高中生の皆さん、混乱することだけは避けてほしいですね。

今日は春分の日

〇昼と夜が同じ長さになる日
春分の日は、昼と夜が同じ長さになる日です。昔の人は、自然に感謝し春を祝福する日だと感じていたようです。それは、長い間冬眠をしていた動物たちが動き始め、人々もやる気に満ちあふれている時期です。また、この日の前後にご先祖様への感謝の気持ちを伝えるためにお墓参りに行く習慣もあります。
〇古来からの祖先感謝
古来、人々はこの日を春の訪れを祝う日としていました。それと同時に祖先に感謝をするお祭りを行い、この風習は農村部で長く続いてきました。明治時代、春分の中日を「春季皇霊祭」と定め、宮中において祖先を祭る日となったのをきっかけとして、一般市民の間でも祭日とされました。その後1948年に、古来から伝わる自然に感謝する日「自然を称え将来のために努力する日」と法律で定められましたが、現在でも、春分の日というと「お彼岸」のイメージが強く残っています。
〇天文学的な話
天文学的な話をすると、春分の日は、太陽が春分点(天球上の赤道を太陽が南から北へ横切る瞬間の交点)にくるため、昼夜の長さが等しくなる日といえます。その不思議な現象が古代の人の心をひいたのではないでしょうか。暦は、天文学的要素と占いなどの要素の両方がバランスよく組み合わさってできています。またこの日は、生気に満ちた体にさらに活気をつけるためか、各地でマラソン大会など開催されるようです。
プロフィール

高中ブログ

Author:高中ブログ
本校の教育目標
 心ゆたかな 主体性のある人間を育てる
高中スローガン
 誇りがもてる高中生
 ・自分や周りの人のことを考え行動す
  る生徒
 ・進んで学習に取り組む生徒
 ・健康や安全を意識して生活する生徒

高中生の宣言
1.私たちは進んであいさつをします。
2.私たちは家庭学習に取り組みます。
3.私たちは時間を守ります。
4.私たちは3C(Clean自問清掃・Club部活・Class授業)
  に一生懸命取り組みます。
5.私たちは行事に燃えます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブログカウンター